« ハネナガウンカ科の一種(Kamendaka sp.) | トップページ | アリの引越しに便乗する?トビムシ »

2014年9月18日 (木)

アリの蛹を強奪するアオオビハエトリ

枯木を上る、お馴染みアミメアリの引越し行列です。

_dsc79492
今日の荷物はほとんどが蛹です。

_dsc5550

_dsc56403
大顎でくわえて運んでいきます。

_dsc79472
行列の沿道のあちこちでアオオビハエトリが徘徊していました。

_dsc79782
アリを好んで捕食することで知られるハエトリグモですが、この日の狙いはアリではなくその荷物の方でした。手ぶらのアリが近づくと退却していましたが、白い蛹が目に入るとおもむろに接近します。

_dsc79592
近くに来た獲物に跳びかかりました。

_dsc79602
強奪に成功。

_dsc79992
こちらでも。
よく見るとクモは蛹の触角をくわえています。

_dsc80012
残念、強奪に失敗しました。触角1本で奪い取るのは無理だったんでしょうね。
こういう瞬間を何度か目撃しましたが、勝負は一瞬で決まるようで、蛹を奪い取れても失敗しても、跳びついた後は速やかに退きます。失敗しても深追いはしないようです。成功の確率は半分くらいの印象でした。

_dsc56632
首尾よく狩りに成功したクモはアリの行列から離れてゆっくり咀嚼するんでしょう。

_dsc55622
勝利の雄叫び?
ではなく、カメラを威嚇しているだけでしょうね。

(2014.09.13・姫路市 広峰山)

|

« ハネナガウンカ科の一種(Kamendaka sp.) | トップページ | アリの引越しに便乗する?トビムシ »

クモ類」カテゴリの記事

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

ふ~ん、面白いです。
調べて見るとアリ捕食に特化したハエトリとのことです。この場合、獲物がどういう物なのか、ちゃんと認識してる行動ですよね。成虫を狙わず、養分たっぷりの蛹の方を選択するのですから。
浅間茂他(2001)「校庭のクモ・ダニ・アブラムシ」80頁に、「時には運搬中のアリ幼虫を略奪する。アブラムシの背中を叩いて甘露を吸い取る」との記述がありました。うーん、ここまでくるとアリの行動を熟知してる、としか思えません。

投稿: ezo-aphid | 2014年9月18日 (木) 18時44分

ezo-aphidさん、こんばんは。
アリ成虫を狙うより、リスクも少ないし消化もよろしいということでしょうね。
「校庭のクモ・・・」は私も持っているのですが、その記事は読んでいませんでした。蛹の略奪についてはいくつかのサイトで取り上げられていましたが、アブラムシに甘露を催促するというのは初めて知りました。実に小癪な奴ですね。

投稿: おちゃたてむし | 2014年9月18日 (木) 19時49分

いいや、勝利の雄叫びでしょう(笑)。

投稿: フッカーS | 2014年9月19日 (金) 00時25分

フッカーSさん、こんばんは。
そんなふうに見えますよね。
一般的にはクモはあまり好みませんが、ハエトリは顔といい動作といい愛嬌があって好きです。

投稿: おちゃたてむし | 2014年9月19日 (金) 19時55分

いつもの遅れレスです。
この生態はすごいですね。クモには蛹が見えているというこですからね。
ハエトリグモは、適当な大きさの動く者には何でも飛びかかるのかと思っていました。

1枚目の画像、おちゃたてさんもキノコを載せたのかと一瞬思ってしまいました。
蛹の白い色もキノコの芽のように見えました。

投稿: tukik | 2014年9月21日 (日) 12時17分

tukikさん、こんばんは。
確かに、マウスポインタにも跳びかかるくらいですから動くものなら何でも、という側面もあるんでしょうね。でもこの場合は蛹を持ったアリと手ぶらのアリを明らかに見分けているようでした。
虫撮りをしている間に面白い形のキノコなど見つけてとりあえず撮影することもありますが、知識が全く無い上に調べるのも大変そうなのでそのままになってしまいます。折角なので少し勉強しておきたいとも思うのですが、いつになることやら・・・。

投稿: おちゃたてむし | 2014年9月21日 (日) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリの蛹を強奪するアオオビハエトリ:

« ハネナガウンカ科の一種(Kamendaka sp.) | トップページ | アリの引越しに便乗する?トビムシ »