« マキゾメガイ科の一種(改題) | トップページ | オオカマキリ »

2014年12月 1日 (月)

トビコバチの一種・♂(改題)

* 2014.12.02・タイトル変更 *

最初からコガネコバチと決めつけていたんですが、BABAさんからトビコバチではないかとご指摘をいただき、あらためて写真をよく見れば確かにトビコバチのようです。タイトルを修正しておきます。

トウネズミモチの葉裏にいたコガネコバチの一種です。
こんなにモジャモジャ毛の生えた触角を持つ種を撮ったのは多分初めてで、雄なんだろうと思いますが、残念ながら2、3枚撮っただけで逃げられてしまい、お目にかけられるのはこの1枚だけです。翅端まで約1.5mmの、かなり小型のコガネコバチです。

_dsc23232
(2014.11.19・明石公園)

|

« マキゾメガイ科の一種(改題) | トップページ | オオカマキリ »

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
明日から気温がグンと下がるようで、いよいよ葉をめくる時期が来ましたね(^^
トビコバチの入力間違いと思いますが、如何でしょう。

投稿: BABA | 2014年12月 1日 (月) 22時34分

う~ん、やっぱりどっちなのか判りません。中脚の脛節末端のケズメが見られれば見当がつくかも、です。

投稿: ezo-aphid | 2014年12月 2日 (火) 13時08分

BABAさん、こんばんは。
撮影したときから何の疑問も抱かずにコガネコバチと思い込んでいたのですが、確かにこれはトビコバチのようですね。こんな色や光沢のトビコバチがいるんだろうかと探してみると、BABAさんの2013.12.23の記事が見つかりました。色合いは違いますが頭部や胸部の質感や光沢がよく似ています。
タイトルを修正しておきます。ご指摘ありがとうございました。

投稿: おちゃたてむし | 2014年12月 2日 (火) 20時23分

ezo-aphidさん、こんばんは。
写真が1枚きりでは重要な特徴が確認できませんが、BABAさんのご指摘どおりトビコバチ科ではないかと思います。小楯板周りの構造や、ケヅメは確認できませんが背面から見た中脚の長さや角度がこれまでに撮ったトビコバチによく似ているので、とりあえずタイトルを「トビコバチの一種」と修正しておきます。
ありがとうございました。

投稿: おちゃたてむし | 2014年12月 2日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トビコバチの一種・♂(改題):

« マキゾメガイ科の一種(改題) | トップページ | オオカマキリ »