« タマゴコバチ科の一種 | トップページ | ヒサゴクチカクシゾウムシ »

2014年12月 5日 (金)

ヤニサシガメ幼虫

マテバシイの幹に1匹だけでいたヤニサシガメ幼虫です。体長約9mm。

_dsc91262
冬の間、スギなどの樹皮の下に幼虫が集まっているのを見かけることがありますが、このあたりの平地では外見のよく似たヨコヅナサシガメに比べると個体数ははるかに少ないようです。

_dsc29062

_dsc2884
全身を覆う「松脂状の粘着物」が和名の由来ですが、松脂と言うより水飴にどっぷり浸けて引き上げたばかりのように見えます。

_dsc2897
これは右前脚ですが・・・。

_dsc28972
松脂、あるいは水飴状の液体がぶ厚く盛り上がっているのが見えます。これほど大量の物質をどこから分泌しているんでしょうか。

_dsc28902
複眼まで完全に覆われています。
撮影時にはそこまで思い至らなかったのですが、気門はちゃんと開いているんでしょうね。

(2014.112.03・学が丘北公園)

|

« タマゴコバチ科の一種 | トップページ | ヒサゴクチカクシゾウムシ »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/60765041

この記事へのトラックバック一覧です: ヤニサシガメ幼虫:

« タマゴコバチ科の一種 | トップページ | ヒサゴクチカクシゾウムシ »