« ヒメオビオオキノコ?の幼虫 | トップページ | ツボカムリの一種(Difflugia ?lobostoma) »

2015年7月 3日 (金)

セグロヒメキジラミと寄生卵

5月末にこの場所を訪れた時には全身黄色の個体ばかりだったセグロヒメキジラミが、約1ヵ月後には全てこんな体色になっていました。

_dsc17762
いろんな木の葉の裏で見ましたが写真はネジキにいたものです。体長1.5、翅端まで2mmくらいで、雌だと思います。

_dsc17932
そして多分これが雄。

_dsc17732
たくさんの個体の中に、寄生者のものらしき卵をつけたものが何匹か見つかりました。

_dsc17752
長さ約0.2mmの小さな卵ですが、キジラミの腹部ではなく前翅の外側に付着しているように見えます。

_dsc17842
こちらは別個体。

_dsc17844
最初のものよりつけ根に近い位置ですが、やはり前翅の表面についているようです。

_dsc18222
これはまた別の個体。位置は少しずつ異なりますが、3例ともに前翅の表面、つけ根に近い位置に生みつけられています。孵化した幼虫が、寄主の翅の運動で振り落とされる危険はないのでしょうか。
それにしても、体長2mmにも満たない極小のキジラミに寄生するのはどんな虫なんでしょう。

(2015.06.22・学が丘北公園)

|

« ヒメオビオオキノコ?の幼虫 | トップページ | ツボカムリの一種(Difflugia ?lobostoma) »

不明」カテゴリの記事

半翅目」カテゴリの記事

コメント

あてずっぽうですが、ショクガタマバエの類かも。
baba-insects.blogspot.jp/2012/09/blog-post_30.html

投稿: ezo-aphid | 2015年7月 4日 (土) 08時27分

ezo-aphidさん、こんばんは。
確かに、大きさや色合いはBABAさんの撮られたショクガタマバエの卵によく似ていますね。
また調べてみればこのブログでも、アブラムシの体に直接産み付けられた卵を掲載していました。
http://mushi-akashi.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-aec2.html
ただそれらの卵が形がソーセージ型(円筒状)であるのに対して今回のものは付着面が平らになっているように見えることや、キジラミの翅のほぼ同じ場所に1個づつ産み付けられていることから、もう少し特化した(寄生性の?)種ではないかという気がしています。

投稿: おちゃたてむし | 2015年7月 4日 (土) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/61832333

この記事へのトラックバック一覧です: セグロヒメキジラミと寄生卵:

« ヒメオビオオキノコ?の幼虫 | トップページ | ツボカムリの一種(Difflugia ?lobostoma) »