« 謹賀新年2016 | トップページ | ツリガネムシの一種(Campanella sp.) »

2016年1月 4日 (月)

ヒメマダラカモドキサシガメ

これは以前、疑問符つきでヒメマダカカモドキサシガメ Empicoris minutus として掲載したものと同じ種だと思います。詳細に比較すると翅などの斑紋に僅かな違いはありますが、おそらく個体変異の範囲内でしょう。大きさも同じで、翅端まで約4.6mmです。日本原色カメムシ図鑑第3巻の検索表にある特徴にもよく一致するので、今回は疑問符を外しました。
前の記事と同じ公園で、同じくアオギリの落ち葉の中から出てきました。

_dsc24892

_dsc24922

_dsc24982

_dsc25102

_dsc25172

(2015.12.18・学が丘北公園)

|

« 謹賀新年2016 | トップページ | ツリガネムシの一種(Campanella sp.) »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/63002605

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメマダラカモドキサシガメ:

« 謹賀新年2016 | トップページ | ツリガネムシの一種(Campanella sp.) »