« キマダラカミキリ | トップページ | ハガヤスデ科の一種? »

2016年3月30日 (水)

エグリゴミムシダマシ

先日のアカシマサシガメと同じ朽木から出てきました。エグリゴミムシダマシの雄だと思います。
この仲間(Uloma属)の数種はどれもよく似ているようですが、体長が7mmほどしかないこと、前胸背板の凹みの周囲の瘤状隆起が不明瞭なこと、それに分布域などからエグリゴミムシダマシ U.marseuli と判断しました。

_dsc33102

_dsc33242

_dsc33272

_dsc33372

(2016.03.21・明石公園)

|

« キマダラカミキリ | トップページ | ハガヤスデ科の一種? »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/63417137

この記事へのトラックバック一覧です: エグリゴミムシダマシ:

« キマダラカミキリ | トップページ | ハガヤスデ科の一種? »