« イスノキの実に産卵するカタビロコバチの一種 | トップページ | ヒメテントウの一種の幼虫 »

2016年5月30日 (月)

カタビロコバチの一種・雌の出現を待つ?雄

昨日の記事の続きです。
雌が産卵していた同じイスノキの枝に、ところどころ去年の古い実が残っている場所があって、その一つに同種と思われる雄が数匹、集っていました。

_dsc6551_2
風の強い日で画面がブレてしまいましたが、小さな黒いハチが3匹写っています。のんびり歩いたり産卵したりしている雌と違って、お互い追ったり追われたりしながら走り回っています。こういう場面はニッポンオナガコバチイスノキモンオナガコバチでも目撃していて、それらと同様に雌の羽化(羽脱)を待つ雄たちなのでしょう。

_dsc6577
右の実には脱出口が開いています。

_dsc8765

_dsc87492
アップで撮るために枝を手で押さえると他の雄は逃げてしまいましたが、この雄1匹だけは踏みとどまってくれました。ときどき翅を立てたりしながら実の周囲をパトロールしています。
 

_dsc87772
この一つの穴に執着している様子なのですが、覗き込んでも雌の頭らしきものは見えません。雄の勘違いでないならば、一度脱出口を開いた後、奥に後退して外に出る機会を窺っているんでしょうか。

_dsc88472
雌に比べると腹部が随分小さいですね。

_dsc88312
この触角には見覚えがあると思うと、BABAさんのブログに登場した Eurytoma sp. ♂の触角によく似ています。ただしその触角の色や各節の長さの配分に違いがあるので同種ではないでしょう。

_dsc88542
ちょっとピンボケですが、翅脈のよく見えるカットはこれだけでした。

(2016.05.24・明石公園)




|

« イスノキの実に産卵するカタビロコバチの一種 | トップページ | ヒメテントウの一種の幼虫 »

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/63702588

この記事へのトラックバック一覧です: カタビロコバチの一種・雌の出現を待つ?雄:

« イスノキの実に産卵するカタビロコバチの一種 | トップページ | ヒメテントウの一種の幼虫 »