« ナミテントウ幼虫 | トップページ | クチブトゾウムシの一種・産卵 »

2016年6月11日 (土)

クチブトゾウムシの一種

アラカシの幹でじっとしていたクチブトゾウムシの一種です。
動かないのをいいことに綺麗に並んだ鱗片など各部をアップで撮り、最後に裏側の写真を撮ろうとして枯葉の上にひっくり返してみましたがこれは失敗。ゾウムシに良く見られる擬死の習性はないらしく即座に起き上がって歩き出し、撮らせてくれませんでした。
帰宅して甲虫図鑑の検索表を辿ろうとしましたがすぐに行き詰ってしまいました。やはり実物がないと難しいようです。体長は約4.8mmです。
それよりも、クチブトゾウムシの仲間は普段枝や葉で見ることが多いのになぜアラカシの幹でじっとしていたのかが気になったのですが、その理由はやがて分かりました。(あるいは分かったような気がしました。)
続きは次の記事で。

_dsc9971

_dsc9977

_dsc00043

_dsc00142

_dsc00262

_dsc00302

(2016.06.06・明石公園)

|

« ナミテントウ幼虫 | トップページ | クチブトゾウムシの一種・産卵 »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/63763774

この記事へのトラックバック一覧です: クチブトゾウムシの一種:

« ナミテントウ幼虫 | トップページ | クチブトゾウムシの一種・産卵 »