« 不明ダニ類 | トップページ | ハマベキクイゾウムシ »

2016年7月21日 (木)

エダヒゲムシの一種

今回も地面に落ちた枯れ枝の下から出てきた小さな奴です。
白くて細長い体をくねらせながら走り回るのでムカデの子どもかと思ってレンズを向けたのですが、ムカデではありません。帰宅してから「校庭のクモ・ダニ・アブラムシ」という図鑑で調べると、エダヒゲムシの仲間のようです。
エダヒゲムシ綱・エダヒゲムシ目のエダヒゲムシ科の一種ということになるのですが、説明を読むと歩脚が18本とあります。下の写真では複数の個体が混ざっていますが、数えられるものでは6対しか見えません。おそらくムカデなどと同じように脱皮を重ねるにつれて増えるのでしょう。つまりこれらの個体はまだ成体ではないのだと思います。体長は0.6から0.8mmくらいです。

_dsc27672
枝をひっくり返したときは沢山走り回っていたのですが、目一杯倍率を上げた視野の狭いファインダーを覗いてどこだどこだと探し回っているうちにほとんどが手近の穴や隙間に潜り込んでしまいました。

_dsc27702
触角の先端部分が3つに分かれることからこの名があるようです。

_dsc27742

_dsc27772
これはお尻の方。

_dsc27782
脚の数の揃った成体もいずれ撮りたいものです。

(2016.07.06・明石公園)

|

« 不明ダニ類 | トップページ | ハマベキクイゾウムシ »

昆虫以外の節足動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エダヒゲムシの一種:

« 不明ダニ類 | トップページ | ハマベキクイゾウムシ »