« ヒメグンバイ・幼虫の脱皮 | トップページ | モンキアシナガヤセバエの口器 »

2016年9月30日 (金)

オオキマダラケシキスイ

いつもの公園の、普段あまり足を向けない土手の上で幹から盛大に樹液を流しているアベマキを見つけました。
無数のハエが飛び回る中、樹液にまみれた木屑か何かが固まってマット状になったものを捲り上げてみると、下から大型のケシキスイが出てきました。体長が10mm近くあって、この仲間では初めて見る大きさです。
甲虫図鑑で調べてみても、まずその大きさから候補が絞り込まれました。オオキマダラケシキスイ Soronia fracta で合っていると思います。

_dsc7984edit
数匹いたのですが、覆いを取り去るとすぐに近くの割れ目や物陰に潜り込んでしまいます。

_dsc7998edit3
体長約9.5mm。図鑑によれば「♂の前脛節はやや曲がりなた状にひろがる」そうなので、これはその雄でしょう。

_dsc9534edit2
これは別個体。

_dsc8009edit
樹液の中からこんな幼虫も出てきました。

_dsc9543edit2
体長は15mmくらいもありますが、これがクロキマダラケシキスイの幼虫ではないかと思います。

_dsc9563edit2
その頭部。

_dsc9557edit2
同じく尾突起。

(2016.09.25・明石公園)

|

« ヒメグンバイ・幼虫の脱皮 | トップページ | モンキアシナガヤセバエの口器 »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/64280497

この記事へのトラックバック一覧です: オオキマダラケシキスイ:

« ヒメグンバイ・幼虫の脱皮 | トップページ | モンキアシナガヤセバエの口器 »