« カモドキサシガメの一種の幼虫(Empicoris sp.) | トップページ | ススキアブラムシ属の一種(Melanaphis sp.) »

2016年9月26日 (月)

ヒメイトカメムシ

キリの葉の裏のヒメイトカメムシです。
いつもの公園では、飛んできた種から勝手に伸びたような幼木の葉を探すと高い確率で見つかるのですが、大きく成長した木の葉ではあまり見られません。
キリの幼木の葉は差し渡し30cm以上にもなって、それを裏返して逃げ回る小さなカメムシを追いかけるのはなかなか厄介です。

_dsc9166edit
交尾中の雌雄。葉を裏返すと繋がったままカメラから逃げていきます。

_dsc91822
お腹の大きい方が雌でしょうね。

_dsc9200edit2

_dsc92082
体長3.2mmほどの幼虫です。多分これで終齢でしょう。

_dsc92862
こちらは体長約2.7mm。上の個体より齢が若いのでしょうか、腹端の形にずいぶん違いがあります。

_dsc91912
顔にピントが合っていませんが、成虫です。
よく見ると、触角や前脛節の黒い環状紋が左右で必ずしも一致していないことが分かります。

_dsc92532
こっちは幼虫ですが、環状紋はやはり左右で少しずれています。

_dsc92742
これは別の成虫の頭部です。額の上が半球状に膨らんでいて、一見水滴でも載せているように見えます。

_dsc92982
脱皮殻です。

(2016.09.25・明石公園)

|

« カモドキサシガメの一種の幼虫(Empicoris sp.) | トップページ | ススキアブラムシ属の一種(Melanaphis sp.) »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/64261481

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメイトカメムシ:

« カモドキサシガメの一種の幼虫(Empicoris sp.) | トップページ | ススキアブラムシ属の一種(Melanaphis sp.) »