« ハダニの一種とハダニタマバエ幼虫 | トップページ | ヤブガラシグンバイ »

2016年9月 6日 (火)

アカホシテントウとヒメアカホシテントウ

同じChilocorus属のアカホシテントウとヒメアカホシテントウ。どちらも普通種でカイガラムシを食べるそうですが、少なくとも昼の間はいつ見ても木の葉の裏に張り付いてじっとしているところも同じです。
被写体としてはどうにも面白みに欠けるのですが、このところ夏枯れか面白い虫もなかなか見つからないのでこの機会に撮り比べてみることにしました。体長はアカホシが6.1mm、ヒメアカホシが3.8mmくらいです。

1.アカホシテントウ Chilocorus rubidus

_dsc7725edit

_dsc7717edit

_dsc7731edit2

_dsc7753edit

イヌビワの葉裏にいました。
幼虫と蛹はこちらに出しています。

2.ヒメアカホシテントウ Chilocorus kuwanae

_dsc7810edit2

_dsc78062

_dsc7812edit2

_dsc82792

1~3枚目はイヌビワの葉裏、3枚目の腹面写真のみサクラの葉裏にいた別個体です。

(2016.09.02・明石公園)

|

« ハダニの一種とハダニタマバエ幼虫 | トップページ | ヤブガラシグンバイ »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/64167783

この記事へのトラックバック一覧です: アカホシテントウとヒメアカホシテントウ:

« ハダニの一種とハダニタマバエ幼虫 | トップページ | ヤブガラシグンバイ »