« カシムネアブラムシ | トップページ | ラクダムシ幼虫 »

2017年2月18日 (土)

ササの葉裏の不明卵とフシダニの一種

ササの葉の裏に黒い卵のようなものが付着していました。

_dsc8224edit2
強い光沢のある長卵型で長さは0.6から0.7mm。潰れたか、中身の出た後のようなものも混ざっています。

_dsc8234edit2
白く出ぶよぶよした感じのものも。何らかの理由で殻が硬化しなかった卵でしょうか。

_dsc8270edit2
アブラムシか、あるいはチャタテムシあたりではないかと思うのですが・・。

_dsc8246edit2
同じ葉の裏ではさらに小さなダニのようなものも見つかりました。

_dsc8265edit
気温が低いせいか全く動きがありません。

_dsc8265edit2
BABAさんのブログに登場したのと同じフシダニ科 Eriophyidae の別の種だと思いますが、何しろ小さいのでちゃんと脚があるのかどうかもよく確認できません。画面左の2個体で体長約0.15mm、右のさらに小さな2個体は幼虫でしょうか。

(2017.02.08・姫路市 増位山)

|

« カシムネアブラムシ | トップページ | ラクダムシ幼虫 »

ダニ」カテゴリの記事

不明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/64910109

この記事へのトラックバック一覧です: ササの葉裏の不明卵とフシダニの一種:

« カシムネアブラムシ | トップページ | ラクダムシ幼虫 »