« フリソデダニ科の一種 | トップページ | コシタカシタラガイ? »

2017年3月11日 (土)

トビモンオオエダシャクの交尾

小物ばかり続きましたが今回は久しぶりの大物(寸法だけですが)を。 エノキの幹で交尾していたトビモンオオエダシャクの雌雄です。
春先に出現する大型の蛾で、3年前の記事に同種と思われる(羽化に失敗したらしき翅の短い)雌の産卵風景を載せていますが、交尾を見るのは初めてです。また愛嬌のある顔の幼虫はこちらに出しています。

_dsc9019edit2
右の、よく太っている方が雌ですね。

_dsc9036edit
前から見ると…。これは雄。

_dsc9047edit
こっちが雌です。

_dsc9823edit
翅の色合いが随分違います。

_dsc9851edit
色だけでなく鱗紛の形も雌雄で異なります。これが雄。

_dsc9870edit
こっちが雌。

_dsc9868edit
腹部の毛、というよりこれも鱗紛と呼ぶべきでしょうか。なんとなく毛深い蛾という印象がありましたが、拡大してみると結構綺麗なものです。これは雄。

_dsc9873edit
こっちは雌。

(2017.03.10・明石公園)

|

« フリソデダニ科の一種 | トップページ | コシタカシタラガイ? »

鱗翅目」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
もう春のガの登場ですね、季節の移り変わりの早さについて行けません(笑)
それにしても、♂と♀で麟粉の形状が違うとはオドロキでした。
こうして比較できると、新たな発見が面白いですね!

投稿: クマG | 2017年3月12日 (日) 00時02分

クマGさん、こんばんは。
このところ寒い日が多くて実感がありませんが、もう春ですか・・・。
日頃から、その機会さえあれば意味もなくアップで撮ろうとするのは病気ではないかと思ているんですが、こういうちょっとした発見があるとやめられませんね。交尾中の蛾を見る機会はあまりありませんが、他の種ではどうなのか確かめてみたい気になりました。

投稿: おちゃたてむし | 2017年3月12日 (日) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/65002077

この記事へのトラックバック一覧です: トビモンオオエダシャクの交尾:

« フリソデダニ科の一種 | トップページ | コシタカシタラガイ? »