« フトオケブカミジンコ属の一種 | トップページ | コナライクビチョッキリ »

2017年4月26日 (水)

マルミジンコ属の一種(Chydorus sp.)

マルミジンコの仲間は以前にも一度出していますが、今回のものはそれよりもやや大柄で、体形も細長いように見えます。
手元の図鑑(日本淡水プランクトン図鑑/保育社,日本淡水産動植物プランクトン図鑑/名古屋大学出版会)にはChydorus属3種が掲載されていて、その中ではナガマルミジンコ C.gibbus が近いように思いますがそれぞれの違いは小さく、3種とも全国的に分布する普通種ということなので決めることができません。
この仲間は泳ぐよりも何かに掴まっている方が好きなようで、シャーレの中でもゴミやらアオミドロやらがあればたいがいそれらにくっついているのが見られます。

_dsc4176edit2
体長約0.5mmの雌で、卵を持っています。体の左右の厚みが大きいので暗視野ではごく一部にしかピントが合いません。スケールバーは以下の写真も含めてすべて100μmです。

_dsc4160edit2
同じ個体です。頭部に見える大小の黒点は複眼と単眼、体の中をうねうねと通っている茶色いものは腸です。

_dsc4163edit2
後腹部と尾爪。

_dsc4210edit2
これは別個体。

_dsc4215edit2
育房にはかなり大きく成長した子供がいるようです。

(2017.03.31・明石公園 桜堀で採集)



|

« フトオケブカミジンコ属の一種 | トップページ | コナライクビチョッキリ »

淡水プランクトン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/65200485

この記事へのトラックバック一覧です: マルミジンコ属の一種(Chydorus sp.):

« フトオケブカミジンコ属の一種 | トップページ | コナライクビチョッキリ »