« ヒラズオオアリ | トップページ | ニッケイトガリキジラミの幼虫 »

2017年4月16日 (日)

卵塊?の抜け殻

ムクノキの幹に貼り付いていた物体です。
規則正しくハチの巣状に穴が開いていて、昆虫かクモの卵塊の、卵が孵化した後の抜け殻ではないかと思うのですが、あるいは集団で繭を造る昆虫の繭の抜け殻かも知れません。

_dsc4308edit
大きさは縦6.6mm×横4mmくらいです。

_dsc4320edit2_2

_dsc4322edit3
脱出口の大きさはだいたい0.25×0.15mm前後です。表面は粒々を固めたように見えて、大阪の粟おこしを連想しました。

(2017.04.05・明石公園)

|

« ヒラズオオアリ | トップページ | ニッケイトガリキジラミの幼虫 »

不明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/65158367

この記事へのトラックバック一覧です: 卵塊?の抜け殻:

« ヒラズオオアリ | トップページ | ニッケイトガリキジラミの幼虫 »