« アラカシで夏を過ごすイスノフシアブラムシ | トップページ | ヨシブエナガキクイムシ? »

2017年7月22日 (土)

ベダリアテントウ

以前からイセリアカイガラムシが発生していたトベラの木で、ベダリアテントウ Rodolia cardinalis の成虫がたくさん羽化してきていました。

_dsc4060edit
下の、まだ体を半分蛹殻に入れたままで鞘翅の黒紋も出ていないのはおそらく雌なんでしょう、気の早い雄(多分)がすでに背中に乗っています。同属のベニヘリテントウ R. limbata と同じく、おそらくこのベダリアテントウも羽化の際一旦蛹殻から出て後翅を伸ばしてから再び蛹殻の中に戻ってしばらく過ごすのだろうと思います。

_dsc4106edit
こちらの雌雄はすでに交尾中ですが、やはり雌の黒紋はまだ十分色が出ていません。

_dsc4052edit_2
こちらも交尾中ですが、何と雌がお仲間の蛹を食べているように見えます。

_dsc4082edit2
そしてこちらでも。

_dsc4101edit
ほんとうに共喰いをしているのか疑問に思ったので上の成虫を追い払ってみました。やはり食べていたようです。肉食のテントウムシでは幼虫の共喰いをよく見かけますが、成虫が蛹を食べるとはちょっと驚きました。

(2017.07.03・明石公園)

|

« アラカシで夏を過ごすイスノフシアブラムシ | トップページ | ヨシブエナガキクイムシ? »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/65566946

この記事へのトラックバック一覧です: ベダリアテントウ:

« アラカシで夏を過ごすイスノフシアブラムシ | トップページ | ヨシブエナガキクイムシ? »