« 卵塊に糸をかける?トビモンケチャタテ ?Valenzuela gonostigma | トップページ | ハラビロクロバチ科の一種 »

2017年7月 7日 (金)

ノコギリカミキリ♀のコーリング

エノキの切り株でナメクジに乗っかったナガコバチを撮っている時、気がつけばすぐ傍を雌のノコギリカミキリが上ってきました。

_dsc9658edit2
このカミキリは針葉樹につくはずですからこのエノキから出てきたわけではないんでしょうが、羽脱したばかりのように木屑を着けています。

_dsc9682edit2
少し上ったところで立ち止まって産卵管を伸ばしはじめました。
調べてみるとこれはコーリングと呼ばれる、雄を呼ぶための行動だそうです。

_dsc3146edit2
産卵管の途中からとび出した半透明の袋から性フェロモンを放出しているらしいです。

_dsc3158edit
この公園ではこれまで2、3度しかノコギリカミキリを見たことがないんですが、この雌と一緒に待っていれば雄が飛んでくるのを見られるのかな?

(2017.06.16・明石公園)


|

« 卵塊に糸をかける?トビモンケチャタテ ?Valenzuela gonostigma | トップページ | ハラビロクロバチ科の一種 »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/65504861

この記事へのトラックバック一覧です: ノコギリカミキリ♀のコーリング:

« 卵塊に糸をかける?トビモンケチャタテ ?Valenzuela gonostigma | トップページ | ハラビロクロバチ科の一種 »