« ヒロオビジョウカイモドキ 求愛行動? | トップページ | イヌビワの果嚢から出てくるイヌビワコバチ♀たち »

2017年8月18日 (金)

ナメクジハバチの一種の幼虫

ここしばらく野暮用が多くて、前回の記事から1週間以上経ってしまいました。
ナメクジハバチ属の幼虫はそらさんのところなどで写真は見ていましたが、自分の眼で見るのは初めてです。たしかに奇妙なイモムシで、こういう生き物が存在するということを予め知っていなければまず気がつかなかったと思います。

_dsc4568edit

_dsc4574edit
エノキの葉の上にいました。体長は、真っすぐ伸ばせば7mmくらいでしょう。そらさんの撮られたものでは体を覆う粘液がほぼ無色透明でその下の複眼などの構造もよく見えていたのですが、こちらのは渋茶のような粘液に覆われてどうにか体節が確認できる程度です。

_dsc4611edit
こちらはやや大きい別個体です。

_dsc4647edit2
黒っぽい複眼が辛うじて見分けられます。前方に飛び出しているのは脚でしょうか。

_dsc4662edit2
脱皮殻もありました。これも葉の表側ですが、頭殻が残っていなければ何かの糞くらいにしか見えないでしょう。

_dsc4668edit2
頭部を見る限りこちらの方が生きているものより虫らしく見えます。

(2017.07.13・学が丘北公園)

|

« ヒロオビジョウカイモドキ 求愛行動? | トップページ | イヌビワの果嚢から出てくるイヌビワコバチ♀たち »

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/65677955

この記事へのトラックバック一覧です: ナメクジハバチの一種の幼虫:

« ヒロオビジョウカイモドキ 求愛行動? | トップページ | イヌビワの果嚢から出てくるイヌビワコバチ♀たち »