« ムラサキアツバの幼虫 | トップページ | ナメクジハバチの一種の幼虫 »

2017年8月10日 (木)

ヒロオビジョウカイモドキ 求愛行動?

ヒロオビジョウカイモドキ Intybia histrio の雌雄のこういう行動は4年前にも一度見ていますが、今回も同じ公園の、前回見たサクラの木から100mほどしか離れていないトウネズミモチの葉の裏でした。単なる偶然なんでしょうが、こういうことは時々あるような気がします。

_dsc4460edit
写真をみて気付いたのですが、前回のつがいでは鞘翅の赤い帯が雄の方が幅広だったのに対して今回はそれが逆になっています。その点では雌雄差はないということでしょうね。体の大きさでは前回は雌の方が明らかに大きかったのですが今回はどちらも体長はほぼ同じで約約3.6mm、ただしやはり雌の方が少し太っています。

_dsc4467edit

_dsc4470edit
前回見たのと同様、しばらく前進後退を繰り返した後互いの触角を絡み合わせるようにくっつけました。順調に運べばこの後交尾に至るのではないかと思いますが、今回も撮影で邪魔をしたせいか、やがて離れて別々に去っていってしまいました。

_dsc4470edit2
最後は3枚目の写真の部分拡大です。雌が雄の触角を舐めているようにも見えますが、やはり雌を誘うための臭腺のようなものでもあるんでしょうか。正面から見た雄の触角はこちらに出しています。

(2017.07.13・明石公園)



|

« ムラサキアツバの幼虫 | トップページ | ナメクジハバチの一種の幼虫 »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/65645873

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロオビジョウカイモドキ 求愛行動?:

« ムラサキアツバの幼虫 | トップページ | ナメクジハバチの一種の幼虫 »