« ヤジロベエクラゲの幼体 | トップページ | 多毛類のネクトキータ幼生 »

2017年12月20日 (水)

ステファノピクシス属の一種(Stephanopyxis sp.)

11個の細胞が繋がったステファノピクシス属 Stephanopyxis 珪藻の一種の群体です。「日本の海産プランクトン図鑑」(岩国市立ミクロ生物館監修)では新称としてオオクサリケイソウという和名が与えられていますが、滑り運動でよく知られるバキラリア Bacillaria に以前からクサリケイソウ(イカダケイソウとも呼ばれます)という和名が使われていて、少々紛らわしい気もします。
各細胞は両端の周囲にある棘(連結突起)で繋がっていて、表面は蜂の巣状の模様で覆われています。

Img_69912
スケールバーは100μm。

Img_69962
各細胞は両端の棘で繋がっています。

Img_70052
細胞表面の六角模様が見えます。

(2017.12.08・西舞子海岸にて採集)


|

« ヤジロベエクラゲの幼体 | トップページ | 多毛類のネクトキータ幼生 »

海のプランクトン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/66180480

この記事へのトラックバック一覧です: ステファノピクシス属の一種(Stephanopyxis sp.):

« ヤジロベエクラゲの幼体 | トップページ | 多毛類のネクトキータ幼生 »