« ベッコウマイマイ科の一種 | トップページ | ツボワムシの一種 Brachionus sp. »

2018年2月11日 (日)

オオタイヨウチュウActinosphaerium

これはタイヨウチュウ(太陽虫)の一種のオオタイヨウチュウ(アクチノスフェリウム Actinosphaerium)です。
タイヨウチュウ類(有軸仮足虫)はアメーバ類(根足虫)とともに肉質虫というグループに含められていましたが、最近の分子レベルの研究によれば両者は系統的にはまったくかけ離れた位置にあることが分かっているそうです。

Img_1487edit
オオタイヨウチュウは一つの細胞内に多数の核を持つそうですが、どれがその核なのか、この写真で判別できるものなのかどうかも分かりません。放射状に伸びている棘のようなものは有軸仮足(軸足)と呼ばれます。ほとんど動かないように見えますが、これでも繊毛虫や鞭毛虫を捕えて食べるそうです。スケールバーは100μmです。

Img_1491edit
細胞の表層部は液胞で覆われています。

Img_1495edit
内部に見えるのは取り込んだ食物ではないかと思います。

Img_1500edit_2
軸足は低倍率ではきれいな細い針のように見えますが、拡大すると小さな瘤が不規則についています。

Img_19302
これは分裂の途中、あるいは2個の細胞が接合しているところでしょうか。

(2018.01.10・明石公園 剛の池にて採集)


|

« ベッコウマイマイ科の一種 | トップページ | ツボワムシの一種 Brachionus sp. »

淡水プランクトン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/66378190

この記事へのトラックバック一覧です: オオタイヨウチュウActinosphaerium:

« ベッコウマイマイ科の一種 | トップページ | ツボワムシの一種 Brachionus sp. »