« 繊毛虫の一種 | トップページ | オオタイヨウチュウActinosphaerium »

2018年2月10日 (土)

ベッコウマイマイ科の一種

石の裏にくっついていた微小カタツムリです。寒いのに頭を出して這っていました。
ベッコウマイマイ科の一種だと思いますが、以前掲載したもの(?マルシタラガイ)に比べて殻高が低く、平べったい形をしています。
ネット画像を探すとナミヒメベッコウという種に似ているように見えますが、今回撮影したものは殻径が2mmほどしかなく、巻数もやや少ないようなので幼貝なのかも知れません。

_dsc01352

_dsc01452
殻の下から透けて見えている粒々は卵でしょうか。とすればこれで成貝ということになりますが。

_dsc01502

_dsc01602

_dsc01762
ひっくり返してみました。お尻の先の背面に小さな突起が見えますが、これはベッコウマイマイ科の特徴だそうです。

(2018.01.27・明石公園)

|

« 繊毛虫の一種 | トップページ | オオタイヨウチュウActinosphaerium »

その他の小動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベッコウマイマイ科の一種:

« 繊毛虫の一種 | トップページ | オオタイヨウチュウActinosphaerium »