« オウギケイソウの一種(Licmophora sp.) | トップページ | エピスティリスの一種(Epistylis sp.) »

2018年3月 8日 (木)

セボネケイソウの一種(Skeletonema sp.)

長さ2mm足らずの間に60個ばかりの細胞が連なった、セボネケイソウの一種(Skeletonema属)の一種の群体です。内湾や河口域でごく普通に見られ、時々大増殖して赤潮の原因になる種だそうです。

Img_4367edit

Img_4373edit2

Img_4379edit2

Img_4382edit2
各細胞は円筒形で、細い連結糸のよって互いに繋がっています。この写真ではそのあたりの構造がよく分かりませんが、学名で画像検索すると繊細な籠細工のような形態をとらえた電子顕微鏡写真がたくさん出てきます。

(2018.02.19・西舞子海岸にて採集)

|

« オウギケイソウの一種(Licmophora sp.) | トップページ | エピスティリスの一種(Epistylis sp.) »

海のプランクトン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セボネケイソウの一種(Skeletonema sp.):

« オウギケイソウの一種(Licmophora sp.) | トップページ | エピスティリスの一種(Epistylis sp.) »