« カタカイガラムシの一種 | トップページ | アザミウマの一種 »

2018年4月19日 (木)

ヤノイスアブラムシ 幹母

赤い花のついたイスノキの新葉に、ヤノイスアブラムシの新しいゴールができ始めていました。

Dscn3596
まだ僅かな膨らみに過ぎませんが、やがて成長するとこんなふうになります。

Img_8618edit
探してみると、まだ閉じていないゴールもあって、アブラムシの幹母が見えています。

Img_8639edit2
体長は約0.35mm。

Img_8643edit2
幹母の体の下は陥没し、周囲の組織が盛り上がっています。
こんなに小さな虫が吸汁すtることによって葉の組織に変化が起こり、やがて内部にアブラムシのコロニーを包み込んだ立派な虫こぶが形成されるというのはほんとに不思議です。

Img_8702edit
この葉ではたくさんのゴールができつつあって、いくつかはすでに口が閉じています。

Img_8692edit2
閉じつつあるゴール。こころなしか、中の幹母もやや太っているようです。閉じて間もないゴールはこちらに出しています。
このゴールからは初夏の頃に有翅胎生虫が脱出してきてコナラに移動して繁殖し、秋には有翅産性虫が再びイスノキに戻ってくるはずです。

(2018.04.10・明石公園)

|

« カタカイガラムシの一種 | トップページ | アザミウマの一種 »

半翅目」カテゴリの記事

虫こぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/66628348

この記事へのトラックバック一覧です: ヤノイスアブラムシ 幹母:

« カタカイガラムシの一種 | トップページ | アザミウマの一種 »