« ハリブトシリアゲアリ | トップページ | ホソハネコバチ科の一種・雌雄 »

2018年5月30日 (水)

トリコディナの一種

ヒゲナガケンミジンコの一種についていたトリコディナ Trichodina sp.です。
トリコディナは寄生性の繊毛虫で、金魚などの観賞魚にトリコディナ症という病気を引き起こすのもこの仲間だそうです。
8年前にも同じものを掲載していますが、今回は動画も撮っておきました。機材が変わっているので、写真のうつりも少し良くなっていると思います。

Img_1476
寄主のヒゲナガケンミジンコです。カバーガラスで押さえて動けなくしているのですが、先に動画を撮っている間にたくさんついていたトリコディナはほとんど寄主から離れてしまいました。

Img_1534
画面左に、ケンミジンコの体表に付着したトリコディナが見えますが、一緒にカバーグラスに押し付けられて変形しているようです。。右のほうに集まっている多数の緑色の米粒状物体も体表に寄生している生物だと思いますが、何の仲間かわかりません。

Img_1560
寄主を離れたトリコディナは、水の層の底、つまりスライドガラスの上面か、天井、つまりカバーガラスの下面に接してゆっくり回転しています。ケンミジンコの体はかなりの厚みがあり、底に沈んでしまったものは高倍率の観察には具合が悪いので、カバーガラス下面まで上がってきたものを撮影しています。

Img_15842
これは上面にピントを合わせたものですが、こちらが細胞の後端部になるようです。環状に並んだ鈎状の構造(scopula)が見えますが、これを使って他の生物に付着して寄生(または共生)するということです(月井雄二「淡水微生物図鑑」)。

Img_15862
同じ細胞の下面、つまり前端部にピントを移動させています。円いのは収縮胞で、次の動画ではそれが現れたり消えたりする様子が見られます。その隣に細長い裂目のように見えているのが口でしょうか。

動画です。


(2018.05.01・明石公園 桜堀にて採集)

|

« ハリブトシリアゲアリ | トップページ | ホソハネコバチ科の一種・雌雄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/66776347

この記事へのトラックバック一覧です: トリコディナの一種:

« ハリブトシリアゲアリ | トップページ | ホソハネコバチ科の一種・雌雄 »