« ネプチューンヒルガタワムシ | トップページ | コエラストルムの一種 »

2018年5月27日 (日)

ボタンヅルグンバイ

夕食の準備をしていた妻がちょっと来いと言うので行ってみると、俎板の上をグンバイムシが一匹歩いていました。ヒメグンバイあたりだろうと思いながら念のためルーペを取ってきて覗いてみると、どうやら初めて見る種です。写真を撮るにも俎板の上では格好がつかないので、こいつが付いていたというレタスの葉っぱと一緒に容器に入れてしばらくしてから見に行くと、おとなしく口吻を刺して吸っていました。
日本原色カメムシ図鑑・第3巻で調べてみると、ボタンヅルグンバイ Cysteochila vota で良さそうです。ヤブガシラグンバイ C. consueta と同属で、確かにちょっと似ています。頭端から翅端まで約3.8mmです。
“ボタンヅルに寄生するといわれるが、タデ類から見つかったこともある”とのことですが、レタスについていたのは偶然でしょうか。袋のラベルには長野県産とありました。

Img_1786

Img_17922

Img_17672

Img_17522

Img_1812

(2018.05.22・自宅にて)

|

« ネプチューンヒルガタワムシ | トップページ | コエラストルムの一種 »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/66762350

この記事へのトラックバック一覧です: ボタンヅルグンバイ:

« ネプチューンヒルガタワムシ | トップページ | コエラストルムの一種 »