« クストガリキジラミ・1齢幼虫 | トップページ | アカモンホソアリモドキ »

2018年5月10日 (木)

ツヤツツキノコムシ

切り株の上を歩いていた体長2mmばかりの小甲虫ですが、立派な大顎の上に、額のあたりには一対の短い角まで突き出ています。
いつものように保育社の甲虫図鑑で調べると、ツヤツツキノコムシ Octotemnus laminifrons でよさそうです。カワラタケ類をはじめ各種のキノコにいる普通種だそうです。
小さいうえにほとんど立ち止まることなく歩き続けるので満足な写真がありませんが、数枚を見比べるとどうにか全体像がつかめるような気がします。

Img_08822

Img_08842

Img_08852

Img_08912

(2018.04.30・学が丘北公園)


|

« クストガリキジラミ・1齢幼虫 | トップページ | アカモンホソアリモドキ »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/66705525

この記事へのトラックバック一覧です: ツヤツツキノコムシ:

« クストガリキジラミ・1齢幼虫 | トップページ | アカモンホソアリモドキ »