« アカモンホソアリモドキ | トップページ | ルリオオキノコ »

2018年5月15日 (火)

ノミゾウムシの一種(Rhynchaenus sp.)

コナラの葉の裏側を齧っていたノミゾウムシの一種です。
2年前の同じ季節に出したものと多分同じ種で、ムネスジノミゾウムシではないかと思っているのですが確定はできません。
この仲間はとにかく小さいので高倍率で撮影するには片手で葉を押さえる他なく、そうすると驚いて落下してしまうか、良くてもそのまま固まって動かなくなってしまうことがほとんどなのですが、この個体は鈍感なのか肝が据わっているのかそのまま食事を続けてくれました。
体長は約2.3mm。この日はたくさん見かけました。

Img_09802

Img_0938

Img_09462
見ていると頭部を左右にひねりながら齧っています。

Img_09532
 
Img_09652

Img_09692
よくこんなに、薄い表皮だけ残して食べられるもんですね。

(2018.04.30・学が丘北公園)

|

« アカモンホソアリモドキ | トップページ | ルリオオキノコ »

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/66723601

この記事へのトラックバック一覧です: ノミゾウムシの一種(Rhynchaenus sp.):

« アカモンホソアリモドキ | トップページ | ルリオオキノコ »