« クロヤマアリを捕えたアズチグモ幼体 | トップページ | ルリアリ »

2018年7月17日 (火)

ウラギンシジミ

何の目印だったのか、地面に打ち込まれたまま風化した樹脂製の杭の上にウラギンシジミがとまっていました。
見るとひび割れたプラスチックの間に口吻を滑り込ませています。長雨の後で周囲の地面も程よく湿っていましたが、何度か飛び立ってはその都度この杭の上に戻ってくるのは、何か好みの成分でも染み出していたのでしょうか。

_7110210

Img_2644

Img_26562

(2018.07.11・明石公園)


|

« クロヤマアリを捕えたアズチグモ幼体 | トップページ | ルリアリ »

鱗翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/66951718

この記事へのトラックバック一覧です: ウラギンシジミ:

« クロヤマアリを捕えたアズチグモ幼体 | トップページ | ルリアリ »