« コナラシギゾウムシ | トップページ | ヒメカラスハエトリ? »

2018年9月19日 (水)

ツツキノコムシの一種

朽ち木に生えた粘菌(ムラサキホコリの一種)の子実体を撮影していると、小さな甲虫が視野に入ってきました。
体長は約2.3mmで、すでに胞子を飛ばしてしまって繊維だけになった子実体の上を歩いています。とりあえず数枚撮ってから、倍率が高すぎるので下げようとカメラを操作している間に見失ってしまいました。おかげで全体の様子が分かる写真がありませんが、ツツキノコムシ科の雌だと思います。

_dsc3210

_dsc3211

_dsc3213

_dsc32082

(2018.08.30・学が丘北公園)

|

« コナラシギゾウムシ | トップページ | ヒメカラスハエトリ? »

その他いろいろ 」カテゴリの記事

鞘翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/67186027

この記事へのトラックバック一覧です: ツツキノコムシの一種:

« コナラシギゾウムシ | トップページ | ヒメカラスハエトリ? »