« アヤトビムシ科の一種 | トップページ | オジロアシナガゾウムシ »

2018年9月23日 (日)

ヒシチビゾウムシ?

イヌビワの葉裏で見つけた小さなゾウムシです。色やサイズから最初チビハナゾウムシかと思ったのですが、ちょっと違います。
そこで保育社の甲虫図鑑を調べると、ヒシチビゾウムシ Nanophyes japonicus にたどり着きました。ヒシの葉柄に産卵するとありますが、この公園には池やお濠もたくさんあるものの、ヒシがあったかどうか、普段よく見ていないもので分かりません。しかし写真で確認できる限りでは、形態的な特徴はよく一致するようです。

_dsc35772

_dsc3592

_dsc35882
図鑑には、腿節に歯は無し、吻は曲がらない、とあります。また、ホソクチゾウムシ科の中でも爪が基部で融合するのはチビゾウムシ亜科 Nanophyinae の特徴だそうです。

_dsc35962
触角柄節が長くくの字状に折れ曲がるのも亜科の特徴。体長約2.4mmで、図鑑の記載より少し大きめです。

(2018.09.18・明石公園)

|

« アヤトビムシ科の一種 | トップページ | オジロアシナガゾウムシ »

虫こぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/67196129

この記事へのトラックバック一覧です: ヒシチビゾウムシ?:

« アヤトビムシ科の一種 | トップページ | オジロアシナガゾウムシ »