« カネタタキ雌雄 | トップページ | 本が出来ました »

2018年10月26日 (金)

オオハリアリとツチトビムシの子ども

半分朽ちかけたサクラの幹の洞で、オオハリアリが巣穴から木屑を運び出していました。

_dsc38992

_dsc38942_2
気温が低いせいか活発な活動はなく、同じ1匹の個体がのんびりと仕事をしていました。

_dsc3904_2
撮影後に気付いたのがこの1枚。アリの咥えた荷物に何か白いものが載っています。

_dsc39043
同じカットからの部分拡大。ツチトビムシの仲間のようです。まだ幼虫でしょう。以前アミメアリの引っ越し荷物に便乗(?)しているトビムシを撮影したことがありますが、アリの巣には各種のトビムシが同居することが知られているそうです。これもその一つでしょうか。折角居心地の良い巣の中で暮らしていたのにゴミと一緒に放り出されるとは不運ですね。

(2018.10.22・明石公園)

|

« カネタタキ雌雄 | トップページ | 本が出来ました »

その他の昆虫」カテゴリの記事

膜翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551900/67314699

この記事へのトラックバック一覧です: オオハリアリとツチトビムシの子ども:

« カネタタキ雌雄 | トップページ | 本が出来ました »