« 2018年10月 | トップページ

2018年11月の17件の記事

2018年11月18日 (日)

ウズムシ類のミュラー幼生

引き続き海の幼生プランクトンです。
昨日のピリディウムに似ていますが、これはウズムシ類のミュラー幼生 Müller's larva だと思います。海産のウズムシの仲間と思われるものはこちらこちらに掲載していますが、今回撮影した幼生がどのような姿の成体になるのかは見当がつきません。
ピリディウムと同様に立体的で厚みのある体をしているので全体像が掴めるような写真がなかなか撮れませんが、最後の動画でおおよその体型は分かっていただけると思います。

Mllers_larva
同じ個体を撮った4カットを合成しています。下もすべて同一個体です。

Img_70652
体から突き出している鰭のようなものは腕と呼ばれているようですが、全部で八つあるそうです。体表に無数の繊毛が生えていて、その運動で活発に泳ぎます。

Img_70682

Img_70732
頭端(右側)から長い毛束が伸びています。後端にも同様の毛束があるはずですが、確認できる写真が撮れませんでした。

動画です。動きを追いきれなくて見苦しい部分もありますがご勘弁ください。



(2018.11.06・西舞子海岸にて採集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

ヒモムシ類のピリディウム幼生

このブログでは何度も登場している(2013.02.11/2013.07.08/2018.02.17)ヒモムシ類のピリディウム幼生 Pilidium lava です。過去に掲載したものと見比べると、それぞれ形や大きさに違いがあって、すべて別種なのかそれとも同じ種も含まれているのか、今のところ判断がつきません。
非常に面白い形をした生き物なので、自由に泳がせていろいろな角度から見られるようにカバーガラスとスライドガラスの間を1mm弱開けているのですが、その分動きも活発になるので追いかけながら撮影するのは結構大変です。

Img_68692

Img_68232

Img_68322

Img_68462

ピントの浅い写真を数枚並べただけでは全体の形を想像しづらいのですが、次の動画をご覧いただくと少しは分かりやすくなると思います。

(2018.11.06・西舞子海岸にて採集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

不明プランクトン・つづき

昨日に続き、同じ場所で採集した正体不明の微生物です。
大小の球を詰め込んだ透明の袋が動いているような感じで、昨日掲載したものに似ていなくもありませんが、動きはもう少し落ち着いています。
動画を見ていると一瞬鞭毛らしきものが見えるような気もしますが、確かではありません。

Unknown

動画です。



(2018.10.05・明石公園 桜堀にて採集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

不明プランクトン

数本の鞭毛を打ち振って盛んに運動していた微生物です。
大きさは15µmくらいで無色、細胞内は液胞と言うか顆粒と言うか、丸い粒々で満たされています。先日買ってきた「プランクトンハンドブック・淡水編」に出ているツクバモナス属(
Tsukubamonas、所属門不明)に似ているような気がしますがそちらは鞭毛が2本、こちらは少なくとも4~5本以上はありそうです。今のところ他には似たものを見つけられませんが、とりあえずこんなものがいたという報告です。

Unknown_a

Unknown_b

動画です。



(2018.10.05・明石公園 桜堀にて採集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

マツヘリカメムシ

ある日帰宅すると、ポリ袋に監禁されたこのカメムシが待っていました。家の中を歩いていたのを家人が捕獲しておいてくれたものです。袋の中を覗けばまだ見たことのなかったマツヘリカメムシに間違いありません。いつぞやのアカギカメムシ以来の快挙でした。
マツヘリカメムシ Leptoglossus occidentalis は北米原産の外来種で、国内では2008年に東京で初めて記録されていますが、兵庫県では2015年に神戸大学構内で見つかったのが初記録のようです。
さて折角の見つけものですからちゃんと撮影してから逃がしてやることにしたのですが、普段家の中で生きた虫を撮ることはまずないのでどうにも勝手が違います。適当な背景も思い浮かばず、とりあえずインクジェット紙の裏に載せていつもの虫カメラで撮影しました。ひたすら紙の上を歩き回って止まらないので根負けし、満足なカットも撮れないまま窓の外に逃がしてやりましたが、そのうち自然状態で見られる機会もあるでしょう。松の木には普段の虫探しでもあまり注意を払ってきませんでしたが、これからは気をつけないといけません。

_dsc52192

_dsc51392

_dsc5167

(2018.11.04・神戸市垂水区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

クロオビケブカアブラムシとキイロシリアゲアリ

お決まりのアリとアブラムシです。
アラカシの葉裏でクロオビケブカアブラムシが繁殖していて、そこに甘露を求めてキイロシリアゲアリが集まっていました。どちらもこのブログでは再三ご登場願っていますが、何しろこのところどこへ行っても虫が少なく、こんなものしか見つかりません。

_dsc4607
右上にピンボケでヒラタアブの幼虫が写っています。

_dsc45882
アブラムシを食べていますが、アリは知らん顔。

_dsc4686
無翅成虫と幼虫たち。

_dsc46372
こちらは脱皮中。

_dsc4743
近くの別の木では有翅成虫もたくさんいました。

(2018.11.02・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

アヤヒゲナガトビムシ?

* 2018.11.12・記事とタイトル修正 * 

当初アヤトビムシ科の一種としていましたが、BABAさんから模様がアヤヒゲナガトビムシ Salina speciosa (オウギトビムシ科)に似ていると教えていただきました。検索してみるとお馴染みのBABAさんそらさんそよ風さんのところをはじめ多数の画像が出てきて、確かによく似ています。ただ下の写真では脚に暗色部が無いことなど違いも認められるので、ひとまず疑問符付きでアヤヒゲナガトビムシとしておきます。オウギトビムシ科であることは間違いなさそうです。

同じようなタイトルの記事を何度も出していますが、体にこんな模様のあるアヤトビムシは初めてだと思います。

_dsc51022
アカメガシワの葉裏にいました。片方の触角が切れています。

_dsc50902
体長は約1.8mm。

_dsc50282
同じ葉にいました。体長約1.4mmで、色は薄いですがさきの個体と同じパターンの模様が見えます。同じ種の幼虫だと思います。

_dsc50582
同じ個体の顔。

_dsc50332
こちらも同じ葉にいた幼虫で、体長約0.7mm。

(2018.11.02・明石公園)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

コクゾウホソバチ?(Theocolax ?elegans)

イヌビワの葉裏にコバチらしき虫の影が見えたので、どうせまたお馴染みさんだろうと思いながらルーペで覗いてみると、一見してはじめての種だと分かりました。
画像を調べてみると前胸背の形がコガネコバチ科のようなのでその線でネット画像を探してみたところ、こちらのような標本写真が見つかりました。インドの農作物病害虫の生物防除に関するサイトですが、写真を見る限りかなり良く似ています。
この Theocolax elegans はコクゾウホソバチという和名がつけられていて、農研機構のサイトで「貯穀害虫・天敵図鑑」というページに紹介されていました。そこではこの種は世界中に分布していて、穀類内を加害する甲虫類やシバンムシ類の幼虫、蛹に外部寄生すると説明されています。
ただ今回撮った個体を同種とするには気になる点もあって、まずインドの標本写真に比べると頭部の、複眼より前の部分がより長いように見えます。また同じ記事で触角の節数が雌で8、雄で9とされていますが、下の頭部拡大写真では(少々不鮮明ですが)10個あるように見えます。ということで、とりあえず種名には疑問符をつけておきます。

_dsc49012
体長は約1.8mm。なかなか優美なプロポーションです。

_dsc49132
歩き回ってなかなかピントが合いません。

_dsc49152
触角は10節に見えますが、先端あたりがちょっと微妙です。

_dsc49202
これまでコバチ類では見たことのない形の頭部。

_dsc49242
前胸背がいかにもコガネコバチ科に見えます。

_dsc49322
前翅から黒い毛束が生えています。以前掲載して上條先生からHeydenia属に似てるかも?とコメントをいただいたものにもこのような毛束がありました。
 

(2018.11.02・明石公園)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

イヌビワオナガコバチ

イヌビワの枝に沢山実がついているので探してみると1匹だけ、久しぶりにイヌビワオナガコバチが見つかりました。

_dsc46902
産卵中でもなさそうなので顔のアップでもと撮影を始めると、

_dsc4694
やおらお尻を持ち上げて産卵管鞘を引き寄せ、

_dsc46952
後脚でしごいていました。

_dsc4698
普通は産卵の後、実から引っ張り出した細い産卵管を再び鞘に納めるためにこんなふうに後脚でしごく動作をしますが(こちらの最後のカット)、この場合はただのお手入れだったようです。

_dsc4709
その後しばらく実の周囲を歩き回っていましたが、こちらが見ている間に産卵行動を始めることはありませんでした。

(2018.11.02・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

ミミズク

ツバキの幹に、ミミズクが止まっていました。
街中の公園では滅多に姿を見ないものなので、逃げられないようにと慎重に近づき、数枚撮影しましたがどうも様子がおかしい。体色が妙に黒ずんでいる上に正面からレンズが迫っても微動だにしません。これはてっきり死んでいるな、と思って指先でちょっと触ってみると、ぴょんと跳ねて足元の落ち葉の間に紛れ込んでしまいました。何年虫撮りをしていても、未だにこんな間の抜けたミスをよくやります。

_dsc51152_2
ところで、この個体はトレードマークの胸部背面の突起がわりと小さめです。こちらこちらと比べてみるとよく分かりますが、この種は雌の方が大柄で、突起も大きくなるそうなので、これは多分雄なんでしょうね。

_dsc51242

(2018.11.02・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

ヒロヘリアオイラガ?の卵塊

まだ越冬昆虫を探す時期でもないんですが、ヤツデを見るとつい葉の裏を覗いてみたくなります。で、この日見つけたのがこんな卵。

_dsc4528
こんな薄っぺらな卵を確か以前にBABAさんのところで見たはずだと思って探してみると、ありました。カキの葉の裏に産み付けられたイラガの卵塊です。ただしよく似ているものの、1個の卵の大きさはこちらの方が小さく(約1.1×0.8mm)、また表面の網目模様も大まかです。それにこの公園ではまだイラガの幼虫も繭も見たことが無いので、その仲間でこの場所に多いヒロヘリアオイラガの卵ではないかと考えました。
その線でネット上の画像を探してみると、よく似たものがいくつか出てきます。またこの種がヤツデにつくというのは聞いたことがありませんでしたが、「みんなで作る日本産が類図鑑V2」に実際にヤツデを食う幼虫の写真も紹介されていたので、多分これで合っているのではないかと思います。

_dsc45362
赤い点は目でしょうか。

_dsc45702
光を透過させてみるとそれぞれの卵に一対の黒点が見えます。ただ孵化前の幼虫の眼と考えるには間隔が開きすぎているような気もします。

_dsc45403
ほんとに平べったい形です。

_dsc45543
表面にはきれいな網目模様。その後同じ場所に行く機会がまだ無く、今頃は孵化した幼虫が葉を食い荒らしているところでしょうが、今後ヤツデの葉をめくる際は気をつけないといけませんね。

(2018.10.26・学が丘北公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

アカイボトビムシ(Lobella sp.)

朽ち木の樹皮の下で見つけたアカイボトビムシの一種(Lobella sp.)です。

_dsc43102
体長1.5mmほどしかありませんが黒っぽく湿った朽ち木の上でこの赤い点はよく目立ち、またかと思いながらもついその場にしゃがみこんで撮り始めてしまいます。

_dsc43132
単眼が3つあるように見えます。

_dsc43252
別個体です。1個は後ろ向きですが、やはり単眼らしき黒点は3個あります。

_dsc43302
もっと解像するするレンズが欲しいですね。

(2018.10.26・学が丘北公園)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

ハリブトシリアゲアリ ~戦いすんで・・・~

木杭の天辺で絡み合った2匹のハリブトシリアゲアリ。違うコロニーの構成員の間の争いの果てでしょうか。小さい方はすでに絶命しているらしく、6本の脚もすべて失っています。それでも相手の触角にしっかりと齧りついていて、大きい方はそれを振り落とすことが出来ないでいるようです。この状態では巣に帰ることもできないでしょう。アリの世界は厳しいですね。
ところで、敵の触角に噛みつくというのはアリ同士の争いでは必殺技なんでしょうか(こちらこちら)。

_dsc44892

_dsc45002

_dsc45062

_dsc45182

(2018.10.26・学が丘北公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

ヤスデの一種・幼体?

昨日の記事と同じく、朽ち木の樹皮の下にいたヤスデの一種です。
ほとんど色がついていないので幼体ではないかと思いますが、よく分かりません。
背面に棘状の細かい時が並んでいます。体長は約3.6mmです。

_dsc44552

_dsc44622

_dsc44592

_dsc44662

(2018.10.26・学が丘北公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

双翅目幼虫

朽ち木の樹皮の下から出てきた幼虫です。いわゆる蛆虫で、ハエの仲間には間違いありませんが種類の見当はつきません。

_dsc4252
体長は約5.5mm。

_dsc42373
頭部の左右から突き出した耳のようなものは何の器官でしょうか。

_dsc42692
お尻には一対の後気門が開いています。

_dsc42563
後気門から太い気管が延びているのが透けて見えます。

(2018.10.26・学が丘北公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

ツシマキノコカスミカメ?

公園内に積み上げられた伐採木の樹皮の下にいました。
撮影時には頭部の形や生息場所から考えて当然ハナカメムシ類だと思っていたのですが、後で写真を確認すると単眼が見当たらず、どうやらカスミカメムシのようです。そこでこの科が多数掲載されている日本原色カメムシ図鑑.・第2巻を調べてみると、ツシマキノコカスミカメ Fulvius dimidiatus という種によく当てはまります。
2001年発行の図鑑の説明によると、和名が示す通りこの種は国内では対馬にだけ分布するとされていますが、ネットで検索してみると関東でも発見されているようです。他の地域の情報は見つかりませんでしたが、ここ兵庫県にいても不思議ではないでしょう。
やはりネット情報によれば学名も Fulvius nozawai Yasunaga & Wolski, 2017 に変わっているようです。

_dsc4413
図鑑には体長3.3mmとされていますが、この個体はやや大きく約4mmです。

_dsc4424
同じ個体です。

_dsc4435
同じ場所にいた別個体ですが、体長はほぼ同じです。

_dsc4430
最初のもこの個体も腹部が膨れていて、雌ではないかと思います。

(2018.10.26・学が丘北公園)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

クサカゲロウの一種の幼虫

クサカゲロウの幼虫は被写体としてはとても面白いんですが、未だに種の見分け方がよく分かりません。頭部の模様に違いがあるようですが、それもよく似ているものも多いようです。
今回はクサギの葉裏にいた体長(大顎の先まで)5mm足らずのクサカゲロウ類幼虫です。捕食中でもなければ見かけても撮らずに済ませることが多いのですが、この日は他の虫も少なく、しばらく追いかけました。

_dsc4120

_dsc4130

_dsc41362

_dsc41382

(2018.10.22・明石公園)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ