« サシバゴカイの一種(?Typhlosclex sp.) | トップページ | マクラギヤスデ?の幼体 »

2018年11月26日 (月)

カラムシ目の一種(?Tintinnidae)

以前掲載したビンガタカラムシ(Favella sp.)やスナカラムシ?(?Tintinnopsis sp.)と同じくカラムシ目(有鐘目)の繊毛虫です。殻は細長く透明で、砂粒などの付着物はありません。また殻の口の部分はラッパ状に広がり、後部は細くなっていますが、残念ながらゴミに隠れて後端部がよく見えません。
いつもの日本海洋プランクトン図鑑で調べるとこのような特徴に該当するのはTintinnidae(チンチヌス科)なのですが、これで当たっているかどうか分かりません。
後端部にくっついたゴミから分離しようとカバーガラスをつついたり、横から水を足したりしてみたのですが離れてくれませんでした。

Img_73612

Img_73532

Img_73492

動画です。

(2018.11.06・西舞子海岸にて採集)

|

« サシバゴカイの一種(?Typhlosclex sp.) | トップページ | マクラギヤスデ?の幼体 »

海のプランクトン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラムシ目の一種(?Tintinnidae):

« サシバゴカイの一種(?Typhlosclex sp.) | トップページ | マクラギヤスデ?の幼体 »