カテゴリー「クモ類」の149件の記事

2017年8月30日 (水)

ムナボシヒメグモ?のまどい

フジの葉裏に集まっていた子グモたち。「まどい」と呼ぶには数が少ないようで、すでに大半の子グモが広い世界へ旅立った後なのかも知れません。真ん中にいるのが多分彼らの母親でしょう。
これはムナボシヒメグモだと思うのですが、違うかも知れません。赤ちゃんグモの体長は0.4mmほどです。

_dsc5646edit

_dsc5653edit

_dsc5659edit2

_dsc5673edit2

(2017.08.06・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

デーニッツハエトリ幼体

体長5mmほどのデーニッツハエトリ幼体です。
獲物はオオヒメグモのようですが、以前掲載した成体もやはりオオヒメグモらしきクモを捕えていました。好物なんでしょうか。

_dsc5341edit

_dsc5343edit

_dsc5359edit2

_dsc5363edit

(2017.08.06・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

アオオニグモ

アラカシの葉を丸めて作った巣の中に潜むアオオニグモです。

_dsc3401edit
以前にも同じような写真を出していますが、前回は雄、今回は雌ということでご勘弁ください。

_dsc3409edit2
恐ろしげな牙が見えます。

(2017.06.20・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

ウロコアシナガグモ♀とタカラダニの一種

頭上の葉裏になにやら赤いものが。

_dsc9476edit
ウロコアシナガグモにとりついたタカラダニでした。

_dsc0897edit
卵嚢を守っているようですが、この状態で卵を産んだんでしょうか。それとも守りの態勢に入って不活発になったところをダニに狙われたのかな。

_dsc0912edit2
ダニは憎たらしいほど丸々と太って、クモさんには気の毒としか言いようがありません。

(2017.05.12・玉津町水谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

カトウツケオグモ幼体

アラカシの葉裏についていた、ゴミのように見える物体を念のためルーペで覗くとカトウツケオグモの幼体でした。
このクモは過去に2度、体長4mmちょっとの幼体と9mmほどの成体と思われる個体を撮影していますが、今回は体長3mm足らずの若齢個体です。

_dsc8128edit

_dsc8141edit2

_dsc8164edit2

_dsc8179edit2

_dsc8199edit2

(2017.02.08・姫路市 増位山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

シロカネイソウロウグモ

カクレミノの葉の裏にいたシロカネイソウロウグモです。体長は1.7mmほどなので幼体でしょう。

_dsc7884edit2

_dsc7900edit_2

_dsc7902edit2

_dsc7911edit2

(2017.01.29・明石公園)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

ギンメッキゴミグモ幼体

カクレミノの葉裏にいたギンメッキゴミグモの幼体です。体長は3mmほどで、以前に掲載したものより少し大きくなっています。今回の個体は腹部背面の中央に十字型の黒色部がありますが、個体変異だと思います。

_dsc7514edit

_dsc7537edit2

_dsc7554edit

(2017.01.29・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

ムナボシヒメグモ?幼体とクモヒメバチ幼虫

まだ冬本番には早いせいか葉っぱめくりをしてもほとんど何も見つからないので、たまたま目に入った小さなクモにレンズを向けてみると、クモヒメバチの幼虫がくっついていました。

_dsc6088edit
クモはムナボシヒメグモの幼体ではないかと思いますが、体長は約1.3mmで、孵化してあまり時間が経っていないものと思われます。こんな小さな段階ですでにクモヒメバチの寄生を受けているとは驚きました。

_dsc6097edit2
クモヒメバチ幼虫は約0.4mm。

_dsc6108edit2

_dsc6110edit2
寄生幼虫とクモの脚の位置関係を見ると簡単に掻き落とせそうに見えますが、無理なんでしょうかね。

(2016.12.24・明石公園)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

オダカグモ

トベラの葉の裏で卵嚢を守っていたオダカグモです。
独特の体形が面白いのでこのブログでも何度か出していますが、雌が卵嚢を守っている姿は盛夏の頃に見かけることが多いようです。この雌はちょっと産卵が遅かったのでしょう。

_dsc2146edit

_dsc2149edit

_dsc2155edit2

(2016.11.03・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

ドウシグモ

アラカシの幹でアリを捕らえていたドウシグモ Asceua japonicaです。
このブログではすでに2度掲載していますが、分布が局所的で数も少ないらしく、ネット上の画像も多くないのでまた出します。

_dsc0992edit
日陰になった幹の下面で非常に暗い場所だったのですが、何か黒いアリのようなものが見えると思ってポケットライトで照らすとこのクモでした。

_dsc0987edit2_2
体長3.2mmほどの雌で、獲物はトビイロケアリのようです。同じ場所で以前にもアリ(おそらくハリブトシリアゲアリ)を捕らえているのを撮影しています。

_dsc0953edit2

_dsc0974edit2
ドウシグモの属するホウシグモ科はこの頭胸部の形から法師蜘蛛の名がつけられたそうです。

_dsc0948edit
ドウシグモの生態はこれまでほとんど不明のままだったのですが、最近の研究でこのクモが「樹上性の小型アリを専食するスペシャリスト捕食者」であることが突き止められたそうです。「Ⅲ月紀・修羅」にはその捕食習性の解明に至った経緯とともにアリを捕らえる特異かつ見事な方法が多数の写真を交えて詳しく紹介されていて、必見です。
冬の間は樹皮下で越冬するようです(こちら)。

(2016.10.19・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧