カテゴリー「クモ類」の155件の記事

2018年7月15日 (日)

クロヤマアリを捕えたアズチグモ幼体

アベマキの葉の先から黒いアリがぶら下がっています。

_7110232
やはりクモの仕業でした。

Img_2680
アズチグモの幼体だと思います。アリはクロヤマアリですね。

Img_26832
頭の付け根あたりにしっかり噛みついています。アリさんも、やはりここが急所なんでしょうか。

(2018.07.11・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

ミジングモの一種?

木の幹を歩いているのをよく見かける体長2mmほどの小さなクモで、ミジングモの一種だと思っているのですが、違うかもしれません。

Img_6746edit 
触肢が膨らんでいるので雄でしょう。これで成体だと思います。

Img_6748edit2

(2018.03.17・明石公園 学が丘北公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

オナガグモ♀

ヤブニッケイの葉の裏で越冬しているオナガグモです。

_dsc0389

_dsc0414
刺激するとこんなポーズをとります。
これは雌ですね(雄はこちら)。

(2018.01.27・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

ウロコアシナガグモ幼体

アベマキの葉裏で獲物を捕らえていたウロコアシナガグモの幼体です。

_dsc9414edit
最初獲物はキノコバエかと思いましたが…。

_dsc9419edit
この触角は雄のタマバエでしょうね。

(2017.11.17・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

不明クモの幼体

切り株の上を歩いていた小さなクモです。多分幼体でしょう。
腹部にいぼ状の突起がたくさんあってなかなか面白い格好なんですが、例によって種名の見当がつきません。体長は2mmくらいです。

_dsc8005edit

_dsc8014edit2

_dsc8045edit2

_dsc8047edit

(2017.11.01・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

ネコハエトリ♀

このところ野暮用が増えた上にお天気のめぐりあわせも極めて悪く、10月丸々ひと月間更新をサボってしまいました。
で、本日ようやく約40日ぶりの虫撮りに出かけてきたのですが、散々探しても出てくるのは毎度おなじみの顔ぶればかり、その中で一つだけちょっと面白そうなのを見つけたのですがそれについてはまた改めて記事を書くことにして、今日のところはお馴染みさんの中からネコハエトリさんの顔でご勘弁願います。

_dsc8351edit

_dsc8362edit

(2017.11.01・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

ムナボシヒメグモ?のまどい

フジの葉裏に集まっていた子グモたち。「まどい」と呼ぶには数が少ないようで、すでに大半の子グモが広い世界へ旅立った後なのかも知れません。真ん中にいるのが多分彼らの母親でしょう。
これはムナボシヒメグモだと思うのですが、違うかも知れません。赤ちゃんグモの体長は0.4mmほどです。

_dsc5646edit

_dsc5653edit

_dsc5659edit2

_dsc5673edit2

(2017.08.06・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

デーニッツハエトリ幼体

体長5mmほどのデーニッツハエトリ幼体です。
獲物はオオヒメグモのようですが、以前掲載した成体もやはりオオヒメグモらしきクモを捕えていました。好物なんでしょうか。

_dsc5341edit

_dsc5343edit

_dsc5359edit2

_dsc5363edit

(2017.08.06・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

アオオニグモ

アラカシの葉を丸めて作った巣の中に潜むアオオニグモです。

_dsc3401edit
以前にも同じような写真を出していますが、前回は雄、今回は雌ということでご勘弁ください。

_dsc3409edit2
恐ろしげな牙が見えます。

(2017.06.20・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

ウロコアシナガグモ♀とタカラダニの一種

頭上の葉裏になにやら赤いものが。

_dsc9476edit
ウロコアシナガグモにとりついたタカラダニでした。

_dsc0897edit
卵嚢を守っているようですが、この状態で卵を産んだんでしょうか。それとも守りの態勢に入って不活発になったところをダニに狙われたのかな。

_dsc0912edit2
ダニは憎たらしいほど丸々と太って、クモさんには気の毒としか言いようがありません。

(2017.05.12・玉津町水谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧