カテゴリー「鱗翅目」の265件の記事

2019年6月18日 (火)

ホソガ科の一種

サクラの葉の裏にいたホソガ科の一種です。
どこにでもありそうな翅の模様ですが、みんな蛾をはじめいろいろ探してみても同種と言えそうな画像が見つかりません。
頭端から翅端まで約3.3mmです。

_6091418

_60914432

_60914332
中脚の距が目立ちます。

_60914482

(2019.06.09・明石公園)

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

コゴメウツギキンモンホソガ?( Phyllonorycter ?stephanandrae )

キンモンホソガ属 Phyllonorycter の蛾はこれまでにも何度か(2014.11.212016.03.202017.05.28など)出していますが、この種ははじめてだと思います。
いつものようにみんなで作る日本産蛾類図鑑で探してみるとコゴメウツギキンモンホソガ Phyllonorycter stephanandrae と言う種に翅の模様がよく一致するようですが、他にもよく似た種があるのかも知れません。とりあえず疑問符付きで種名を掲げておきます。

_b2352922

_b2352972
アラカシの葉裏にいました。頭端から翅端まで約2.9mm。

(2019.05.23・)明石公園

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

ツヤコガ科の一種

アベマキの葉裏にとまっていました。
頭端から翅端まで約4.4mm。「みんなで作る日本産蛾類図鑑」にツヤコガ科 (Heliozelidae) 属不明として掲載されている種によく似ています。ただそちらの画像では上翅のよく目立つ2本の白帯の他に頭部のすぐ後ろの胸部背面にも細いもう1本の白帯が見えていて、それが下の写真にはありません。別種なのか、それとも個体差または雌雄差なのか分かりませんが、いずれにしても属以下の同定は無理なようです。

_b184081

_b1840872

_b1840942

_b1841032

(2019.05.18・明石公園)

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

モグリチビガ科の一種

カエデの葉に乗っていた小さな蛾です。
モグリチビガ科で検索すると、お馴染みのそらさんのところをはじめたくさんの画像が出てきます。多くは下の写真のように翅に銀色の帯がありますが、帯の本数や位置、太さは様々で、かなりの種数があるように見えます。この個体もモグリチビガ科には間違いないと思いますが、種までの同定は難しそうです。大きさは翅端まで約3.3mmです。

_b123114

_b123121

_b1231342

_b1231472

(2019.05.12・丹生山)

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

カノコマルハキバガ

カノコマルハキバ Schiffermuelleria zelleri です。最近BABAさんのところに登場したのを憶えていたのですぐに名前が分かりました。頭端から翅端まで約11mm。小さいけれどとても綺麗な蛾です。

_5120236

_51202192

_b1229453

_b1228821

_b1229272

先の白い触角を交互にゆっくりと動かしていたので動画も撮りました。



蛾を載せた葉は風に揺れ、カメラを持つ手も震えて見苦しい画面ですがご勘弁を。

(2019.05.12・丹生山)

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

ルリタテハ幼虫

何気なく道端のサルトリイバラの枝を持ち上げてみるとこの刺だらけの幼虫が目に入って、思わず手を離しそうになりました。
このルリタテハの幼虫は9年前の秋にも出していて、今回は季節は違いますが場所は同じです。いつも徘徊している近所の公園ではまだ見たことがありません。

_51201652
いきなり枝を持ち上げたせいか、見つけた時にはお馴染みのこの姿勢でした。大きさや棘の色からみて終齢だと思うのですが、9年前のものとかなり体色が異なります。それが季節の違いによるものか、あるいは齢が同じではないのか、参考にネット画像を見てみると同じ終齢と思われる個体でも体色にはいろいろなタイプがあるようで、よく分からなくなってしまいました。

_b1228282
じっとしているので背中の刺のアップを。

_51201882
アップを撮るために葉をつまんでいた手を離し、移動の準備をしてからふと見れば幼虫はもりもりと葉を食べている最中でした。

(2019.05.12・丹生山)

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

フタホシコヤガ

強い日差しを浴びてまどろんでいた(?)フタホシコヤガ。
「二星」のピンク色の鱗粉がとても綺麗で、アップで撮っておこうとして枝にちょっと触れたとたん飛んで行ってしまいました。

_5080153

(2019.05.08・学が丘北公園)

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

コヨツメアオシャク

昨日の記事のイヌビワシギゾウムシと同じイヌビワの葉裏にいたコヨツメアオシャクです。

_5050022
触角が隠れていて性別が分かりません。開張約24mm。綺麗な蛾ですが、普通種ですね。

_b0523802
四ツ目のうちの一つ。

(2019.05.05・松が丘公園)

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

キバラケンモンの幼虫

アラカシの葉の上にいた、いかにも毛虫らしい毛虫です。

_41806422
キバラケンモンの幼虫だと思います。ちょうど糞を出しているところでした。

_b181861
複雑で美しい模様です。

_b181906

_b181889
背中に一対の角のような突起、頭部は簾のような長い毛に隠れています。

_b181919
ちょっとつついて顔を出してもらいました。

_b1819172
これはお尻。

(2018.04.18・明石公園)

 

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

クロコノマチョウ

何年か前にも出していますが、越冬明けのクロコノマチョウです。

_4180684
翅が傷んでいます。
幼虫も探しているんですが、この場所ではまだ見たことがありません。

(2019.04.18・明石公園)

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧