カテゴリー「淡水プランクトン」の70件の記事

2017年12月12日 (火)

マルロモナス属の一種(Mallomonas sp.)

今回も動画のみです。
不等毛類、黄金色藻類のマルロモナス(ミノヒゲムシ)属 Mallomonas の一種だと思います。1本の鞭毛を伸ばして移動しているのですが、その鞭毛の動きが下の動画ではときどき、辛うじて見えています。細胞長は18μmくらいです。

(2017.11.30・明石公園 桜堀にて採集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

ペラネモプシス属の一種(Peranemopsis sp.)

今回も動画だけです。
ゴミの間をゆっくり動いているのは鞭毛虫の仲間でペラネモプシス属 Peranemopsis の一種だと思います。蓑虫かトビケラの幼虫みたいに沢山の砂粒で細胞を覆っていて、そこから長い鞭毛が1本出ています。細胞長は約15μmです。

小さいので、スマホ画面では鞭毛の動きは見えないかも知れません。

(2017.11.30・明石公園 桜堀にて採集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

ストロンビディウム属の一種?(?Strombidium sp.)

先日出したドロワムシを追いかけている最中に、突然視野に飛び込んできた生き物ですが、今回は動画だけです。
繊毛虫の仲間の、ストロンビディウム属 Strombidium の一種ではないかと思っているのですが、違うかも知れません。高速で泳ぎ回っていましたが、やがて動きを止めたと思えば急速に死んでしまったようです。繊毛虫を観察しているとよくこんなことが起きますが、どうしてでしょうね。




追尾が下手くそで見苦しい点はご容赦ください。細胞長は70μmくらいです。

(2017.11.30・明石公園 桜堀にて採集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

ディセマトストマの一種(Disematosutoma sp.)

これはゾウリムシの仲間の、ディセマトストマ属Disematosutomaの一種だと思います。扁平な体形で、以前にも紹介したフロントニア属(Frontonia、クチサケミズケムシ)に似ていますが、細胞の前端は丸みがあり、後端はやや尖るのが特徴の一つだそうです。実体顕微鏡で覗いていると、「淡水微生物図鑑」(月井雄二著)の説明にあるようにシャーレの底を這うように動いていました。

Img_56412

Img_5651

Img_5655
スケールバーは100μmです。

次の2枚は観察中に水分が蒸発してカバーガラスに押さえられ、細胞が扁平になった状態です。

Img_5724
珪藻類をたくさん食べているようです。

Img_5725
フロントニアと同様、細胞表層には無数のトリコシスト(毛胞)が並んでいます。

動画です。

次の動画では、ディセマトストマが糸状藻を食べようとする場面が見られます。なんとか呑み込もうとかなり頑張っていましたが、いかんせん獲物が長過ぎて失敗に終わりました。それにしても、よく伸びる体ですね。



(2017.11.30・明石公園 桜堀にて採集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

ドロワムシの一種(Synchaeta ?stylata)

昨年も出しましたが、ドロワムシの一種です。
前回よりも動画が綺麗に撮れたので再登場です。
まずは静止画から。

Img_55492_2

Img_55542_2

Img_55512_2
スケールバーは0.1mmなので、体長は0.4mm足らずです。

動画です。

途中で緑色の排泄物を出すのが見られます。


(2017.11.30・明石公園 桜堀にて採集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

コスルニア属の一種 Cothurnia sp.

透明の殻(ロリカ lorica と呼びます)に収まったツリガネムシの仲間です。
淡水微生物図鑑(月井雄二著)を見るとプラチコラ・ピキシコラ・スリコラ・バジニコラと、同じような形のもが数属紹介されていますが、殻の形や大きさ、蓋がないこと、細胞に柄がなく後端部で直接殻に付着していること、などからコスルニア属 Cothurniaと判断しました。

Img_547622
細胞が殻の中に引っ込んだところ。

Img_54782
顔を出して繊毛を拡げたところ。
スケールバーは50μmです(以下同じ)。

同じものの動画です。

シャーレから採ってスライドガラスに載せ、カバーグラスで覆ってからしばらくの間は頻繁に顔を出して繊毛を動かしているのですが、間もなく引っ込んだきりなかなか出てこなくなります。動きを制限しないように水をかなり厚めに保つよう気をつけているのですが、それでも何か環境の変化を感じるんでしょうね。

次は別の細胞を照明法を変えて。

Img_54922
同じ殻の中に小さな娘細胞が同居しています。

Img_54982
先端近くに収縮胞がありますが、次の動画ではその消長が見られます。

最後にもう一つ動画を。

ちょっと見えにくいのですが、左側の殻には二つの細胞が入っています。

(2017.11.30・明石公園 桜堀にて採集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

ミジンコ

記事を書く時間がありません。で、とりあえず1枚だけ。

_dsc9607edit2
ミニ水槽に入れて撮ったミジンコです。

(2017.05.04・明石公園 桜堀で採集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

ユスリカ?の卵塊と繊毛中の一種

公園の池でミジンコをすくってきて眺めていると、こんなものが混じっていました。

_dsc9658edit2
寒天質の透明のボールの中に卵らしきものが並んでいます。ユスリカの卵に似ていると思うのですが、ネット上で見られるユスリカの卵塊はひも状のものが多いようで、こういう球状の卵塊もあるのかどうかよく分かりません。
さらによく見ると、卵の間を小さな生き物がたくさん泳いでいます。

_dsc9717edit2
繊毛虫のようなのですが、特に1個の卵に多数集まっていました。その様子は最後の動画でもご覧いただけますが、発生途上で死んでしまった卵をたべていたのかも知れません。ユスリカ?の卵にはすでに複眼が見えています。

_dsc9928edit
スライドグラスにとって顕微鏡で覗いてみました。寒天状のボールは結構弾力があるようで、カバーグラスで押さえてもまだかなり厚みが残っています。卵の間を動いているのはやはり繊毛中の一種でした。

_dsc9926edit
押し潰されたボールの周辺に沿って泳いでいます。

_dsc9911edit

Ciliophora
名前は分かりませんが、すべて同じ種のようです。

動画です。


(2017.05.04・明石公園 桜堀で採集/2017.05.05・撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

マルミジンコ属の一種(Chydorus sp.)

マルミジンコの仲間は以前にも一度出していますが、今回のものはそれよりもやや大柄で、体形も細長いように見えます。
手元の図鑑(日本淡水プランクトン図鑑/保育社,日本淡水産動植物プランクトン図鑑/名古屋大学出版会)にはChydorus属3種が掲載されていて、その中ではナガマルミジンコ C.gibbus が近いように思いますがそれぞれの違いは小さく、3種とも全国的に分布する普通種ということなので決めることができません。
この仲間は泳ぐよりも何かに掴まっている方が好きなようで、シャーレの中でもゴミやらアオミドロやらがあればたいがいそれらにくっついているのが見られます。

_dsc4176edit2
体長約0.5mmの雌で、卵を持っています。体の左右の厚みが大きいので暗視野ではごく一部にしかピントが合いません。スケールバーは以下の写真も含めてすべて100μmです。

_dsc4160edit2
同じ個体です。頭部に見える大小の黒点は複眼と単眼、体の中をうねうねと通っている茶色いものは腸です。

_dsc4163edit2
後腹部と尾爪。

_dsc4210edit2
これは別個体。

_dsc4215edit2
育房にはかなり大きく成長した子供がいるようです。

(2017.03.31・明石公園 桜堀で採集)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

フトオケブカミジンコ属の一種

ミジンコ類(枝角類)が続きますが、今回のミジンコはフトオケブカミジンコ属 Ilyocryptus の一種のようです。
カバーガラスの下に厚さ0.5mmほどの隙間を作った中を盛んに動き回り、ピントも浅いので全体の特徴が確認できる写真がありませんが、数枚を合わせてみると大体の形が分かると思います。
池などの底の泥の上で生活する種だそうです。

_dsc4027edit2

_dsc4025edit2

_dsc4030edit2

_dsc4034edit2
写真はすべて同じ個体で、スケールバーは100μmです。

(2017.03.31・明石公園 桜堀で採集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧