カテゴリー「ダニ」の82件の記事

2019年3月21日 (木)

ササラダニ類2種

その1

落ち葉に埋もれた枯れ枝にいました。
_b150342_1
体長約0.8mm。背甲はほとんど無毛に見えます。

_b1503731

_b1503781

_b1503321
胴感毛は細長い糸状です。

その2

こちらはアキニレの樹皮下で。こちらに似ているようです。

_b150553
体長はやや小さく0.7mmくらい。

_b1505541

_b1505701
別個体。背甲には長い毛がまばらに生えています。

_b1505851

(2019.03.15・明石公園)

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

トガリキジラミ類を食べるハモリダニ

今日のそらさんの記事にヤツデキジラミの幼虫を捕えたハモリダニが登場しましたが、私も昨日、いつもの公園で同じような光景を撮影してきました。

_b150465
ヤブニッケイの葉裏ではニッケイトガリキジラミの幼虫が犠牲になっていました。

_b150452
お尻に齧りついているようですが、そらさんも書いておられるようにこうなると少々しつこく撮影していても逃げません。

_b1504842
動き始めたのでやはり逃げるのかと思えば、場所を変えて口吻を突き刺したようです。

_b1502552
モチノキの葉裏ではタイワントガリキジラミの幼虫を攻撃中。

_b1502532
やはりお尻のあたりを刺しているようですが、この場所を好む理由があるんでしょうか。

(2019.03.15・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月13日 (水)

ケダニ亜目の一種

以前にナミケダニ科の一種として出したものと同じ種と思われますが、ケダニ類ではなくタカラダニ類なのかも知れません。実のところその違いがよく分からないので、今回はケダニ亜目の一種としておきます。前回と同様、ムクノキの樹皮下にいました。体長は約0.8mmです。

_3010335

_30103362

_30104052

_30104072

(2019.03.01・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

ハシリダニ科の一種

昨日のクダアザミウマと同じ時ですが、ケヤキの樹皮をめくるとこんなダニが走り回っていました。文字通りのハシリダニ科の一種だと思います。
体長は大きいもので0.5mm、小さいので0.3mm足らずですが、
面白いのはどの個体も前体部に一対の白く光る部分があることで、これが何のための器官なのか分かりませんが、この場所にこんなものがあるとどうしても眼に見えてしまいます。

_30102302

_30102322

_30102292

_30102362
第4脚の腿節が肥大しています。

(2019.03.01・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

ウスゲユビダニの一種(Neoteneriffiola sp.)

この時期、樹皮下でよく見かける体長1mmほどの赤いダニですが、以前の記事へのコメントでクロアリさんからユビダニ科のウスゲユビダニの一種 Neoteneriffiola sp. と教えていただきました。
触肢先端に並んだ太短い爪が特徴の一つということなので、前回より倍率の高いレンズに換えてその部分を狙ってみました。

_dsc85382

_dsc85532

_dsc85732

(2019.02.15・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

モンツキダニ属の1種

昨日に続き、アキニレの樹皮下のダニです。
体の後部両側によく目立つ円い黒紋があって、以前の記事でAcleris さんから教えていただいたモンツキダニ科モンツキダニ属 Trhypochthonius の一種だと思います。ただし同種ではなさそうです。

_dsc8757
体長は0.6~0.7mmくらい。

_dsc87712
体内に液体でも充満しているかのように半透明で、丸々と太っています。

_dsc86812
胴感毛は棍棒状です。銀色に光る棒状のものを抱えているように見えますが、何かの脱皮殻か蛹の抜け殻のようなものでしょうか。

_dsc86852
こちらは脱皮中。

_dsc86882
こちらはずいぶん萎びた感じですが、別種でしょうか。体長もやや小さめです。

(2019.02.15・明石公園)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

クローバービラハダニ

体長0.8mmほどもある、大きなハダニです。クローバービラハダニ Bryobia praetiosa だと思います。主に葉野菜を加害する害虫だそうです。アキニレの樹皮下で越冬していました。

_dsc8814
周囲に散らばっているのは円いものは卵のように見えますが、本種と関係があるのかどうか分かりません。

_dsc88122
左右の眼の間から突き出している4本の突起の長さが、近似種のニセクローバービラハダニB. rubrioculus との区別点の一つのようです。

_dsc88172
背面を覆う皺と、先の拡がったような形の毛(胴背毛)が特徴的です。

_dsc88282
前脚が長いのも特徴の一つです。

_dsc88612
近くにいた別個体。本種は雌しか見つかっていないそうです。

(2019.02.15・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

ツチトビムシを捕食するトゲダニの一種

朽ち木から剥ぎとった樹皮の裏側を歩き廻っていた白いダニ。

_dsc7942
体長約0.6mm。トゲダニの一種だろうと思いますが、この色からするとまだ子どもなんでしょうか。

_dsc79473
しばし立ち止まって木屑の間に頭を突っ込んでいましたが、出てきた時には獲物を咥えていました。ツチトビムシの仲間のようです。

_dsc79682
しばらく追いかけているとまた別の獲物を捕えました。同じツチトビムシです。先の獲物は吸いつくしたのか、どこかに捨ててきたようです。

_dsc79692
しばらく追いかけている間に少なくとも4匹の獲物を捕えたようでしたが、先に捕えていた獲物をどうしたのか、暗いファインダー越しに確認することはついにできませんでした。

_dsc79842
レンズを交換してもっと高倍率で撮りたかったのですが、その間に見失う公算大なので諦めました。

_dsc79912
また狙っています。

(2019.01.24・学が丘北公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

オソイダニ科の一種

ムクノキの樹皮を剥がすといつものハイイロチビフサヤスデの集団。またかと思いながら念のためその周りをルーペで調べていると見覚えのあるダニがいました。以前に一度だけ撮影しているオソイダニ科 Cunaxidae の一種です。

_dsc74122
長く伸びた顎体部の先まで約0.7mm。そばを通り過ぎるハイイロチビフサヤスデが巨大に見えます。

_dsc74872
前脚のようにも見える長い触肢をゆっくり上げ下ろししていました。

_dsc74272
前方に突き出しているのが触肢ですが、細部を見るには解像度が足りません。

_dsc75032

_dsc75122
フサヤスデの毛の脱皮殻がかなり足手まといになっているようです。

(2019.01.14・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

トゲダニの一種

朽ち木の虫が続きます。小甲虫を追いかけていた時に視野に入ってきたダニで、多分トゲダニの仲間だと思います。体長は約0.4mm,、背面には長くて曲がった太い毛がまばらに生えていまて、ちょっとイノコヅチの実を思わせます。
手持ちの唯一の参考資料である「校庭のクモ・ダニ・アブラムシ」を眺めてみると、カマゲホコダニ属 Gamasholaspis が近そうです。まず和名からしてこれではないかと言う気がしたのですが、もとより当てずっぽうです。

_dsc67742

_dsc68422

_dsc68602

_dsc68682

(2018.12.14・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧