カテゴリー「トンボ目」の5件の記事

2016年8月29日 (月)

シオカラトンボ交尾

記事を書く時間がないので古い写真を1枚。

_dsc4729

(2008.08.07・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

アサヒナカワトンボ

ブログを始めて3年以上になりますがトンボが登場するのはこれでようやく4度目です。
この時期、六甲山系の谷川沿いでたくさん見られるトンボで、ニシカワトンボと憶えていたのですが念のためネットで調べると和名が変わっていました。このカワトンボ(Mnais)属分類はしばらく前までいろいろ異説があって研究者によりまたまちだったのが、最近になってDNAの塩基配列の比較により2種にまとめられ、その後和名も変更されたということです。(実態はもう少し複雑なようです
と言うことで写真は以前ニシカワトンボと呼ばれていた種ですが現在はアサヒナカワトンボ(M.pruinosa)という和名に改められています

_dsc1745
腹部が細くて長いのが雄。何か捕えて食べています。

_dsc17462
獲物はこの日たくさん飛んでいたカワゲラの一種のようです。

_dsc1769
太くて短い腹部が雌。

_dsc1764
最後に、仲良く並んだ雄と雌。
この種には同属の
残りの一種であるニホンカワトンボ M.costalis とともに翅の色にいくつかのタイプがあって、2種を形態で区別するのは難しいということですが、青木典司著「神戸のトンボ」によれば翅の透明なタイプのオオカワトンボ(=ニホンカワトンボ)は神戸では見つかっていないそうです。

(2013.05.08・再度谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

ウチワヤンマ

たまにはトンボでも・・・。

_dsc4688
このブログ3匹目のトンボはウチワヤンマのオスです。ヤンマと名がついていてもサナエトンボの仲間だそうですが、確かにヤンマはこんなとまり方はしませんね。

(2011年7月5日・明石公園)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

オオアオイトトンボ

このブログでトンボが登場するのはこれでやっと2匹目です。

_dsc9041
よく似たアオイトトンボと区別できる胸部の特徴がこの写真ではあまりはっきりしないのですが、産卵管の大きさから多分オオアオイトトンボのメスだと思います。

(2010年11月19日・明石公園)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

ホソミイトトンボ

去年の今頃の写真です。
_dsc9850
その名の通り細長いイトトンボです。
夏型と越冬型があって、越冬型は成虫で冬を越し、春早く姿をあらわすということです。冬の間は未成熟で褐色をしてるそうですが、まだ見たことがありません。
ブログを始めて三ヶ月にしてようやくトンボが登場しましたが、この春は種類にかかわらずまだ一匹も見ていません。
(2009年4月7日・兵庫県三木市)

| | コメント (0) | トラックバック (2)